Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザーは特定の色の色素に反応する性質を利用することで、メラニン色素などを選択的に破壊します。2つの波長の光を使い分けながら、照射部位の深さレーザーの強さ(出力)を調整することで、様々な症状に対応できます。

QスイッチYAGレーザー

 

当院で使用するレーザーは、厚生労働省で承認された医療機器です。最も歴史あるレーザー企業のFotona社のレーザー機器は、世界中の医療機関で導入されており、当院では最新型を導入しております。

 

高出力でのQスイッチヤグレーザー治療の適応

✔︎ 老人性色素斑(一般的なシミ)
✔︎ そばかす
✔︎ 後天性メラノサイト―シス(あざ)
✔︎ タトゥー除去

高出力の場合でも、正常な皮膚組織へのダメージを最小限に抑えながら、シミやあざを除去していくことが出来ます。

シミ、そばかすの除去では浅い層に、あざ、タトゥー除去では深い層にレーザーを照射します。

高出力のQスイッチレーザーの説明へ

 

 

低出力でのQスイッチヤグレーザー治療の適応 (レーザートーニング)

Qスイッチヤグレーザー

✔︎ 肝斑
✔︎ 毛穴の引き締め
✔︎ 美肌
✔︎ 美白
✔︎ くすみの改善
✔︎ ハリ感の増加

非常に出力の弱いレーザーを広範囲に複数回に分けて照射していきます。これまでレーザー治療が難しいとされていた肝斑にも有効で注目されています。

レーザートーニングの説明へ