毛穴の開き・黒ずみ

毛穴とは、毛根(細胞分裂して毛を作り出す部分)を包み、毛が伸びる進路になっている組織です。医学的には毛包と呼ばれます。毛穴の出口付近には皮脂腺と呼ばれる脂肪性の分泌物を出す腺が開口していています。毛穴の役割は以下になります。

・毛穴から出る菱によって皮膚や毛の表面を滑らかにし、乾燥を防ぐ

・毛穴から出る皮脂の膜によって外的刺激から皮膚を守る、防水作用

・毛穴から汗や皮脂とともに老廃物排出

人間の顔には約20万個の毛穴が存在するといわれています。女性の顔の毛穴のほとんどは細い毛かもしくは毛が生えない皮脂を分泌するだけの毛穴になります。

毛穴のしくみ

 

毛穴トラブルとは

加齢により真皮内のコラーゲンやエラスチンが減少すると、肌が全体的にたるんできます。これによって毛穴が広がったり、楕円状になったりします。また、過剰な皮脂腺からの分泌や汚れの洗い残しなどがあっても毛穴は開きます。強くこするような洗顔も角質の機能を弱め、毛穴が開くトラブルの原因になります。

さらに肌の代謝が落ちてくると角質の除去がうまく行われず、古い角質と皮脂が混ざり固形化して角栓となり、毛穴を閉鎖します。これによって皮脂が排泄できずに毛穴が開いてきます。また、角栓が酸化して黒くなると、毛穴は黒ずんで見えます。

角栓、毛穴の黒ずみ

 

毛穴の開き、黒ずみの治療
ケミカルピーリングの説明へ

 

イオン導入の説明へ

 

レーザートーニングの説明へ