メイクの前に美容皮膚科を

現代の日本人女性は世界各国の女性と比べ、若々しく生き生きと人生を楽しんでいる方が多いのが特徴です。若い女性の陶器のような透明感のある肌は、欧米人の羨望の的。40代、50代になってもマイナス10歳に見られるのが普通です。

日本の昭和の頃と比べても、現代女性は10歳から20歳分は活動的です。そのぶん、平均結婚年齢は上昇し、定年後のセカンドライフ期間も長くなりました。いつまでも精神面と体力面は若いのに、鏡を見て「疲れが顔に出てるな」とか「昔の私とちょっと違う」と悩んだことはありませんか?メイクのノリが悪かったり、同じお化粧なのに以前と見た目が違ったり。

浅山院長

お肌の老化は少しずつの積み重ねで進んでいきます。紫外線の蓄積。乾燥肌の放置。ニキビの間違ったケア。メイクでごまかし続けず、気がついた時にそれらを改善し、時には医療の力を借りてリセットしてあげることも大切です。

「でも、美容皮膚科なんて」と思う方が多いのも事実。「いくらかかるか分からない」「何をするのかよく分からない」「余計なものを勧められるのでは」と既存イメージで不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

K clinicでは料金体系を明確にし、症状改善のために必要な回数の目安をお伝えしていきます。また、信頼できる会社の医療機器、製薬のみを使用いたします。ご心配なことがあれば、医師に気楽にお尋ねください。スタッフにエステティシャンも在籍しておりますので、日常生活でのお肌のお手入れ方法などのご相談にもお答えできます。

皆様が新宿でのお買物後や映画鑑賞の後に気楽に立ち寄れる、「お友達の家のような、くつろいだ場所」を目指し、皆様のお肌のお悩みを一緒に解決してまいります。

K clinicの3つのポイント

ポイント1

K clinicの美容皮膚科担当は女性医師です。お肌の質、女性ホルモンとの関係、女性視点から見た美しさなど、女性ならではの視点から、カウンセリング、施術を行えます。

ポイント2

院長を始め、眼科専門医が在籍しております。お顔の中でも目の周囲は特に皮膚が薄くデリケートなゾーン。年齢が現れやすい部分でもあります。眼科専門医の知識を生かし、ボトックス注射、ヒアルロン酸注入、レーザー治療、光治療、アートメイクなどをしてまいります。

ポイント3

美容皮膚科医として皆様に最適な美のバランスをご提案したいと願い、院長はカネボウメイクアップスクールのエキスパートコースを修了。骨格に合ったヒアルロン酸注入や、メイクの知識に基づいた医療アートメイクをいたします。

 

症状別 肌のお悩み

シミ・そばかす ほくろ
くすみ 毛穴の開き・黒ずみ しわ・こじわ

シミ・そばかす ほくろ
くすみ 毛穴の開き・黒ずみ
ニキビ・ニキビ痕 しわ・こじわ

 

治療方法から選ぶ